空間を表現する 〜 構図センスアップ

HOME > 空間を表現する

立体を平面に

ボケを生かす
ふだんは両目で見ているので、どんなものでも立体的に見えていますが、写真は平面に再現されるもの。立体的に見せる工夫をしなければなりません。
その工夫のひとつが「ボケ」を使う方法。
被写体の背景や全面にあるものをぼかすことにより前後の距離感が感じられます。
ボケかたを大きくするには撮影モードを「絞り優先:AまたはAv」にして、絞り数値を最小にして撮影することです。ファインダーで見えている映像は、つねにこのいちばんボケが大きな状態。絞り数値を大きくしていくとボケている部分が少しずつはっきりして写ります。ファインダーを覗いている時はわかりませんが、撮れた写真を見ると、絞り値を大きくするほど、ボケかたが小さくなっているのがわかります。
ボケかたはレンズの焦点距離や背景との距離にも左右されます。
ズームが望遠側のとき、そして背景がより遠くにあるときも、ボケかたが大きくなります。逆に、広角側での撮影や、ピントを合わせたところと背景の距離の差が小さい時は、絞り値を小さくしてもあまりボケません。
0009.jpg

近・中・遠

距離の違うものを
画面に入れる
広角で撮影すると、ボケを生かす撮影は難しいのですが、遠近感を誇張した撮影ができます。レンズの特性で手前から遠くの距離の差が大きく感じられ、見た目よりも遠近感を表現することができます。
カメラのすぐ前にあるもの、そして真ん中、遠くにあるもの、この3つを意識的に画面に入れてみましょう。
とくに前にあるものは誇張され大きく写るので重要です。
それが主役であればしっかり大きく、脇役であれば部分的にさりげなく入れることです。
900.jpg
縦構図があう
遠近感を表現する写真は視線が手前から奥へ、つまり縦に流れるので縦構図が合う場合が多くなります。縦構図では横構図よりもより手前が写るので、手前から奥への視線の移動量が多くなり、より奥行きを感じることができます。写真での視線の流れはとても重要で常に意識して構図をつくるりましょう。
DSCF3594.JPG

切り取る

画面外を
想像させる
「広く見せたいから広く撮る」ではありません。むやみやたらに広角にしていくと、確かに写る範囲は広くなりますが、被写体が小さく写り、こじんまりした感じになってしまいます。
画面外を意識させるような切り取り方をすると、写真に写っている以上に広く感じることができます。
特に横構図で左右の広がりを表現したい時は、左右端のものをきちんと入れる、中途で切った方が外へ視線が流れます。
空を広く写したいときも、画面上部の雲は思い切って中途で切り取ることです。
写真をフレームに入れたとき、この切り取りの効果が強く発揮されます。
187.jpg



★撮影実習

構図の練習は撮ってからの反省が大事!撮った写真をよく見直してみましょう。

同じ被写体を広角と望遠で取り分けてみましょう。主役がしっかり写るように自分が動いてカメラ位置を決めること。


同じ被写体をレンズのズームは変えないで、横構図と縦構図両方を撮ってみましょう。