CONTENT コラム・ブログ

花の撮影テクニック(1)テーマは何ですか?

主役はパープルのチューリップ テーマは優しい色合いと雰囲気

花や緑の写真は見る人の心を和ませてくれます。

雰囲気のある写真を撮るには主役だけでなく背景を重視した構図、そして『花の何を写したいのか』という明確なテーマが大事です。

何を写したい?

花を撮影するカメラテクニックを学ぶ前に、知っておきたいことがあります。
それは主役とテーマについてです。

主役って?

「この写真の主役は何ですか?」という問いにいつも答えられますか?

撮影した写真、主役が明確でないと何を撮ったのかよくわからない写真になってしまいます。主役は写真を見た時に最初に目が行く大事なポイント。「主役は花」という漠然な主役ではなく、「たくさんある花のうち、この花」「この花びら」「花心」「花が写っているけれど主役は空」など、具体的にはっきりと決めましょう。

テーマって?

次にテーマについて考えてみましょう。主役が「モノ」であるのに対し、テーマは伝えたい「コト」。花や緑を見たあなたが、何かに感動し、写真に撮りたいと感じたことです。
たとえば「優しい色でほっとするな」と感じたら、テーマは「ほっとするような優しい色」ということです。写真に写したいのは単に花ではなく、「ほっとするような優しい色」。写真を見る人に伝えたいことはこの「テーマ」なのです。
ただ花を撮ってもそのテーマは伝わりません。テーマが伝わるように撮ることが、撮影の大きなポイントになります。

脇役が決め手
主役だけを考えても「伝えたいコト」は表現できません。主役を引き立てる脇役に注目しましょう。暗い背景や単調な背景を選んで主役を引き立てる、背景をぼかすなど、特に背景の工夫が大事です。また『主役がある空間』を意識して空間を切り取るように構図を考えます。「入れる」ではなくて「切り取る」。画面外を想像させるようにどこで切るか、これがポイントです。

テーマを伝える構図

写真を撮るとき、一番たいせつなテクニックは「構図」。
ピント合わせや明るさ調整のように、カメラ任せにはできない部分です。

構図をつくる

写真を撮るとき、テーマを自分で意識しましょう。伝えたい「コト」は何なのか?その「コト」が伝わるように、構図を組み立てます。かわいらしい形を伝えたいのなら、その形のかわいらしさが伝わるように、主役を決め、それが引き立つように脇役を選びます。
「花の写真はこういう構図が良い」と機械的に決めるのではなく、同じ花でも感じ方で構図を変えるようにしたいものです。

脇役が決め手

主役だけを考えても「伝えたいコト」は表現できません。主役を引き立てる脇役に注目しましょう。暗い背景や単調な背景を選んで主役を引き立てる、背景をぼかすなど、特に背景の工夫が大事です。また『主役がある空間』を意識して空間を切り取るように構図を考えます。「入れる」ではなくて「切り取る」。画面外を想像させるようにどこで切るか、これがポイントです。